3日で補助輪を外した練習方法!幼稚園でもできる事前準備あり

我が家は、5歳の春休み中に自転車を購入し、購入後すぐに補助輪を外して乗れるようになりました!

すぐに補助輪を外すことができたのには、事前準備として購入したペダルなし自転車が効果的だと感じました。

ぽちゅ

有名なストライダーとか!

そんな我が家の練習方法と事前準備についてまとめました。

2歳から事前準備をした

2歳の誕生日にペダルなし自転車を購入しました!

ペダルなし自転車

  • ペダルやブレーキが付いていない自転車で、子供のバランス感覚を向上することができるアイテム!
  • 1歳半~5歳までの長い期間乗ることができます。

有名なのは「ストライダー」ですが、今は安い物が沢山あるので調べてから購入しましょう。

 

事前準備と書いてますが、事前準備するぞ!っと意気込んで購入したわけではありません。三輪車の代わりに程度の感覚で流行っていた商品を購入しただけでした。

ぽちゅ

子供は楽しそうに乗ってくれていました

乗っているうちに自転車に必要なバランス感覚を体に覚えることができていたので、補助輪を外す練習の時にもすぐに感覚を掴めたのかな?と思っています。

自転車の補助輪を外す練習は連日でした方がいい

子供の春休み中に自転車を購入し、3日目で親の補助なしで補助輪を外した自転車を乗れるようになりました。

具体的にはこちら!

  1. 【購入初日】購入後そのまま補助輪を付けた状態で自転車に乗る練習
  2. 【翌日】親の補助付きで自転車の補助輪を外して練習
  3. 【3日目】親の補助なしでなんとか乗れるように

3日続けて自転車に乗れる公園に行き、自転車に慣らしました。

子供自身、買ってもらったばかりの自転車に乗りたくてたまらない様子で、3日続けて練習しても嫌がらず楽しんで練習してくれていましたよ!

 

初めのうちは、練習するなら平らなコンクリートの上がオススメ!軽く下り坂になっていたら尚良し!

柔らかい芝生の上での練習は、地面が柔らかい為にガタガタしているのでバランスが取りにくくてかえって乗りにくいので、平らな地面の上で練習するのがオススメです。また、軽く下り坂になっている場所だとペダルを乗せるタイミングを間違えても自転車が進むので、途中からペダルに足を乗せなおして漕ぎ出すことができます!

 

ちなみに3日目以降は、ちょっと近くのスーパーまで自転車で行ってみたり、近くのお友達の家まで自転車で行ってみたりと、とにかく毎日自転車に乗せて感覚を体に覚えられるようにしました

子供自身、日に日に自転車の感覚を掴んでいき、曲がれるようになったり段差もスムーズに行けるようになったりと上達していくのが嬉しい様子でどんどん上手に乗れるようになっていきます。

練習中は、何かにつけて沢山子供を褒めてあげる事も大事です!

ぽちゅ

大げさに褒めるのがポイントだよ!

さいごに「事前準備番外編」

私自身、幼少期にすぐ補助なしで自転車を乗ることができたのですが、自転車を買ってもらう前にひたすら一輪車を乗っていました!

要は、バランス感覚を向上させておいてあげれば、補助輪なしでもすぐに感覚を掴みやすいのかなと思います。

 

幼稚園や保育園にも一輪車を置いてある園も多くあると思うので、園で一輪車の練習をさせてあげるのも事前準備としていいかもしれません。